オフィシャルブログ|本間板金工業株式会社

オフィシャルブログ

スレート屋根劣化の現状動画をアップロードしました

屋根の葺き替えは日常的に行っていますが、今回はアスベスト含有禁止以降の屋根材が築15年経つとどうなっていくのかお伝えします。

屋根の向き、色、地域の気象特性などS__26304561屋根の耐久性は自然環境によって全く変わってきます。もちろんオーナー様がしっかりメンテしているかしていないかで劣化状況も圧倒的に違ってきます。

今回の屋根材は写真を見ていただくと一目瞭然、アスベスト含有が禁止された材料は、どうしても劣化が早く、早急な改修が必要となります。

 

※動画はこちらから → https://youtu.be/NLGpdKB0n-0

 

本体の周囲が劣化で剥離を起こし、指で触っただけでもボロボロと砕けてしまいます。

本体の周囲が劣化で剥離を起こし、指で触っただけでもボロボロと砕けてしまいます。

屋根の状態は日常的に見ることができません。特に都内の3階建では周囲から見れることも出来ず、気づいたらスレートの脱落が始まってしまい、屋根裏に雨染みが出来てしまったということがよくあります。

スレート屋根(コロニアル屋根)の皆様は築7年位で点検だけでも行うことをお勧めします。仮に築7年ほどで部分的な破損があったとしても、非常に安価な補修工事で完了します。葺き替えを進めてくる業者もあるようですが、私達専門業者から見てみると葺き替え工事を行う必要が無いケースが散見しています。

銅の樋

神社仏閣等の補修工事が、年に数回あります。

美しい曲線のそり屋根・むくみ屋根を目の前にすると技術職であることを改めて実感します。

今回は、銅の雨樋交換作業でした。

 

s-S__25870435

 

 

 

 

 

 

s-S__25870434

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な樹脂製の雨樋と取扱いは全く違い、一度曲げたり凹んでしまうと取返しのつかない事態になります。

無事に完了しました。

s-S__25870436

 

 

 

 

 

 

ガルバニウムの家

s-13新築の木造3階建

屋根壁すべてガルバニウム鋼板で囲い込む作業は、建築板金職人としてとてもやりがいのある現場です。

お施主様・設計士様のこだわりを現実化して喜んでいただけることは、とても嬉しいことです。

連続した幾何学模様を作り出し、他の家とは違う風合いが表現できます。

 

s-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、新築・リフォームを問わず、色・デザインが豊富なため、ガルバニウムを選択される方が多くなってきました。

理由として色・デザインの豊富さ、錆びにくく再塗装無しの寿命は15年から20年の耐用年数、軽量なため家屋に負担が少なく耐震性にも優れています。

s-7

 

 

 

 

 

 

s-15-2

メーカーからの商品だけでは複雑なデザインに合わせられない場合もあります。

お施主様のご要望対応するため、メーカーに無い形状のガルバニウム鋼板は弊社工場にて加工製造し施工を進めております。

 

トップライト(天窓)・・・悩んでいる方が意外と多いです

ご家族の成長にあわせて快適な生活が続けるために、建物が進化出来ることは素晴らしいと思います。

昨年の台風被害で屋根が破損し、葺き替えをご検討されていたお施主様から「天窓がまぶしくて、ついでに塞ぐことはできないか?」「子供も独立して2階の部屋はほとんど使っていない。天窓があると夏場暑くてたまらない」といったご相談を頂きました。

天窓撤去

 

 

 

 

 

 

天窓撤去処理

 

 

 

 

 

 

 

 

天窓=トップライトは確かに明るくて解放感もあり、お部屋のアクセントとして役割を果たしています。ご家族の成長に合わせて、必要が無くなったトップライトは段ボールで塞がれていたり、厚いカーテンで仕切られている場合もあり、お施主様のご希望で撤去することが多くなってきました。

s-DSC_2698A

 

 

 

 

 

 

s-DSC_2715 A

 

 

 

 

 

 

 

s-DSC_2717 A

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ台風シーズンが近づいてきました。

梅雨明けしたと思ったら九州・沖縄ではたてつづけに台風が発生しています。

お知り合いの屋根専門業者に是非点検してもらってください。

台風を心配されていた、川沿いの3階建て屋根改修工事

川沿い周辺の住宅は、風をブロックする構造物や防風林が無い場合、まともに強風を受けます。

そのため昨年の台風以降、河川流域で被災されたお客様から沢山のお問い合わせや、ブルーシート仮養生のご依頼がありました。もちろん南房総のような海上からの強風が一番危険だと思いますが、川幅のある河川周辺にお住まいの方々も、建物への心配は絶えないと思います。

こちらのお客様は、昨年の台風15号19号で近隣の住宅に被害が出たことを心配されていて、この時期になってようやく改修工事を行うことができました。

築20年以上も経っていたため、屋根材の割れ、剥離・下地の木材の腐食が進んでいたため、カバー工法で改修させていただきました

カバー工法により屋根を一新

完成:カバー工法により屋根を一新

 

改修前 コロニアルの表面は既に剥離が進み撥水性が失われ、ヒビ割れ等の損傷が見られます
改修前:コロニアルの表面は既に剥離が進み撥水性が失われ、ヒビ割れ等の損傷が見られます

高耐久鋼板屋根材です。 スカイメタルスレート(チーク色)玄武岩を砕いた石粒が表面を覆っているため、日射熱を和らげ雨音を抑えます。

高耐久鋼板屋根材です。 スカイメタルスレート(チーク色)玄武岩を砕いた石粒が表面を覆っているため、日射熱を和らげ雨音を抑えます。

台風が来る前に点検を

2019年の台風15号・19号による災害で、いまだに修理が出来ていない建物が沢山あります。

この建物も棟の板金が外れ点検に伺いました。築年数の影響もございますが、すでに既存のコロニアル(屋根材)に割れや剥離等の破損個所がいくつもあったため、カバー工法で一新することになりました。

三郷市では竜巻が発生するなど、毎年風災による修理依頼が異常に増えてきております。国土交通省でも「令和元年房総半島台風を踏まえた建築物の耐風対策に関する検討会」を行うなど、台風災害への取組みが始まっています。本格的な台風シーズンが来る前に、点検だけでも行うことをお勧めいたします。s-DSC_0264DSC_0264 - コピーs-DSC_0438s-DSC_0443s-DSC_0464s-DSC_0457

屋根工事 埼玉 断熱 カバー 本間板金工業

IMG_2269.jpeg IMG_2266.jpeg IMG_2290.jpeg

先日、
施工した写真です。

3階の暑さ対策で、
通気断熱です。

セキノ興産 8-1 ガルバリウム鋼板

埼玉 屋根工事 ガルバリウム鋼板 新座 本間板金

IMG_8002.jpeg IMG_8013.jpeg IMG_8020.jpeg IMG_8012.jpeg

> 稲垣商事 ヒランビーにて、
> 施工しました。
> 既存の屋根はアーバニーでした。
>
>
>
>
> 本間板金工業株式会社
> 〒352-0034
> 埼玉県新座市野寺4-12-13
> TEL 042-420-4253
> FAX 042-420-4054
>

新座市 屋根工事 カバー工法 平葺き 本間板金

IMG_7459.jpeg IMG_7457.jpeg IMG_7454.jpeg


本間板金工業株式会社
〒352-0034
埼玉県新座市野寺4-12-13
TEL 042-420-4253
FAX 042-420-4054

新座市 個人住宅リフォーム

こんにちは

 

猛暑が続いております。

 

この度、新座市の個人住宅リフォームの登録が完了しました。

 

補助対象者の条件

市内在住者であって、リフォームを行おうとする個人住宅を所有し(※)、かつその個人住宅に住んでいること
※親族が所有している住宅に住んでいる場合も含みます

  1. 申請時において市税等を滞納していないこと
  2. 市の登録業者を利用すること
  3. 工事の実施前であること
  4. 過去にこの補助金を利用したことの有る方は、補助金の交付から5年を経過していること

補助対象リフォーム

  1. 工事の総額が税抜き50万円以上であるもの(対象工事部分のみ)
  2. 建物全体の内外装の修理及び修繕に関する工事
  3. 建物の増改築及び間取りの変更に関する工事

 

補助額

対象工事費(消費税抜き)に100分の5を乗じて得た額とし(千円未満の端数は切捨て)、10万円を限度とします。

 

 

 

対象者でリフォームをお考えの方、ご質問等ご連絡お待ちしております。

手続き等は代行致します。

 

 

本間板金工業 株式会社

電話番号 042-420-4253
住所 〒352-0034 埼玉県新座市野寺4-12-13