オフィシャルブログ|本間板金工業株式会社

オフィシャルブログ

太陽光パネル 室外機 温水器 屋根の上のこと・・・

台風シーズンに突入しました。

突発的な雷雨・豪雨で屋根・雨樋の補修も続いています。

さらに先月は北関東で大粒の雹(ヒョウ)が降り、雨樋の破損連絡が連日入ってきています。

地元の農家の方と話すことが多いのですが、昔と比べ異常な降雨が多く畑の管理が大変になったと聞かされます。突然の風雨も強くビニールハウスのメンテナンスが大変になったと話されていました。

気象庁|台風経路図_page-0001

 

出典:気象庁ホームページ (https://www.jma.go.jp/bosai/map.html#4/35.246/136.143/&elem=root&typhoon=all&contents=typhoon)

「台風経路図 2021年8月5日AM6時」(気象庁ホームページより)

 

毎年台風シーズン後にご相談の増える屋根上の設備についてお話しします。

屋根の上には「太陽光パネル」「エアコンの室外機」が乗っていることが多くなってきました。また、使わなくなった「温水器」を乗せたままで台風の度に不安に思っているお施主様も多いかと思います。台風の影響で「屋根上設備が落下した」「雨漏りしている」など、屋根を痛める原因になるケースが多いのです。

s-ミサワ 桶谷様邸_210803_24

s-IMG_6163s-6281  屋根上の設備は、新築時に設置したものが少なく、後付けの設備が多く存在します。

部材の種類・品質にもよりますが、風雨にさらされ錆が落ち始め、その鉄分が屋根を痛めます。

太陽光パネルは新築時設置の商品の状態は非常に良いのですが、やはり後付け(特に10年以上前の物)はコンディションが悪いものが多く、太陽光パネルの裏面(屋根との間)に落葉がたまっていたり動物が住み着いていたり思わぬ状況になっています。

特に心配なのは何年も前に乗せた温水器です。

温水器はほとんどの方が使っていない状態で、降ろして廃棄する費用も大変だということで、そのまま放置されているケースがほとんどです。

しかしながらこの温水器とても危険なんです。

おそらく30年から40年くらい前にかなり普及していたようですが、当時はほとんど瓦屋根で私達もビックリするような簡易な施工状態が見られ、劣化によりビズが外れていたり、屋根から落ちかけていたりする物も多く見受けられます。

また、屋根との取り合い(接合部)から雨漏りを起こし、下地の木(屋根材のさらに下)が腐り温水器の重みで屋根が沈んでるケースもあり、早めの撤去が必要だと実感しています。

屋根上に設備があっても、撤去や移設と併せて屋根改修工事は十分可能です。温水器の落下や屋根の沈降、設備下の屋根コンディションは普段から全く見えません。今まで何ともなかった設備が、台風の影響で突然落下したり、屋根自体を痛める原因になります。

お知り合いの工務店や新築時の住宅メーカーに是非ご確認ください。

s-6317  太陽光パネルを脱着した屋根葺き替え工事 完了写真s-ミサワ 桶谷様邸_210803_31

室外機4台を脱着した屋根葺き替え工事 完了写真

s-DSC_0453温水器を撤去した屋根葺き替え工事 完了写真

 

 

 

 

 

 

 

 

東京タワーの下 銅の雨どい

梅雨も本格的になって参りました。皆様のお宅の雨どいやテレビアンテナのコンディションはいかがでしょうか。

さて、以前にも投稿いたしましたが、銅の雨どいの仕事が入りました。

港区の高級料亭の中庭です。

s-S__31154222s-S__31154220

 

 

 

 

 

 

 

 

銅の雨どいは非常に繊細で、チョットでも力を入れすぎるとすぐに変形してしまいます。

金色に輝く銅は、時間と共に色合いが変化し、褐色→暗褐色→黒褐色→青緑色と重厚感のある風合いを出します。

神社やお寺、そして今回も有名な建物に関わらせていただき社員一同感謝しています!

弊社代表(ハシゴの上)と東京タワーが・・・奇跡の1枚です

S__31154224B

新入社員研修

おかげさまで、今期も新入社員の増員が達成できました。

屋根工事という高所作業の安全確保は現場で先輩方がトコトン教えていきます。

入社後2か月が経過し、いよいよ板金加工の研修に入りました。

大きな機械を操作する技術は現場作業で学ぶ技術と違い、完成品の品質や作業効率化につがる大切な工程です。

早く一人前になってもらえるよう先輩社員も真剣に教えていきます。

多くの新人が育ち、不足している建築板金技術者が増え、建設業界が安定することを願っています。

s-S__2662406

s-S__2662410s-S__2662409s-S__2662403s-S__2662407s-S__2662405

昨年話題になった都市伝説・・・モノリス

都市伝説がお好きな方には必見!超大型のモノリス完成です・・・s-西六パーキング_210608_3

すみません!都内の立体駐車場です。あまりにも幾何学的な形状を見て、足場が取れた光景が美し過ぎました(^^;

壁面で作業している時は全く想像つきませんでしたが、完成してビックリです。私達の技術をご依頼いただき感謝いたします!

窓が無い建物なのでまさに地上36メートルの銀色に輝く巨大オブジェとなりました。ありがとうございました!

 

 

s-西六パーキング_210608_1s-西六パーキング_210608_5s-西六パーキング_210608_0

リフォームローンのご利用が可能になりました

この度、イオン銀行様のご厚意でリフォームローンのご提供が可能になりました。

台風による被害・経年劣化による修繕、屋根・壁の修理費用は思わぬ予算が必要となります。

現場調査に伺い今すぐ補修しなくても大丈夫という場合は、予算の準備が出来ると思います。しかしながらお問い合わせの多くは「屋根が剥がれてしまった」「瓦が落ちて雨漏りしている」「天井にシミが出ている」など、緊急性が高いケースがほとんどです。今の建物の痛みは昔の建物と違い劣化の状態が発見しにくく、シミや雨漏りが発生して初めて気が付くことが多いのです。

計画的な修繕計画によるリフォーム資金や新築時の住宅ローンと違い、不意に発生する自然災害や気が付くことが難しい雨漏り等の修繕に経済的なダメージがあると私達も実感しております。

リフォームローンという選択肢をご用意出来たことで、少しでもお役に立てればと考えております。

梅雨入り、台風シーズンが近づいています。お気軽にご相談ください。s-IMG_0679

S__26304552

IMG_4420.JPG

IMG_4420.JPG

棟板金の破損

漆喰壁の改修工事

施工実績にも掲載しましたが、壁面の金属サイディングによるカバー工法のお問い合わせが大変多くなって参りました。

after北西面②

 

Before北西面

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社では改修塗装の難しい状態にある壁面を金属サイディングによるカバー工法でご案内しております。

・何度直しても壁面からの雨漏りが止まらない

・クラック(ヒビ)が多くて塗装しても割れてしまう

等、建物内の下地・柱等の躯体に悪い影響が出る前に壁面のカバーを行います。

 

↓ 金属サイディングカバー工法の際の打合せ資料です ↓(クリックすると見れます)

商品の選定「旭トステムDanサイディング」

デザイン打合せ資料①

デザイン打合せ資料②

デザインCADのお渡し

下記写真は別のお客様で壁面劣化により室内に雨漏りが発生した建物です。

壁を開けてみると、柱・下地類が腐食していて大きな改修工事になってしまいました。

s-IMG_0666 s-IMG_0679 s-IMG_0664

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面からの漏水は気が付かないうちに柱や断熱材を腐らせてしまいます。

そう簡単には雨水は入りませんが、大切なお建物に定期的な調査を行ってください。

2020年 年末のご挨拶

本年も多くの方に支えられ、無事年末を迎える事が出来ました。

ご依頼頂きましたお施主様をはじめ、元請様、

ご近所でお店を訪ねて来てくださった皆様、

協力会社の皆様

ホームページ・ブログをご覧いただいている皆様、

本当に多くの皆様に大変お世話になりました。

そして、今年も多くの方とご縁があったことを、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

 

年末恒例としています、現場職長施工技術共有会にて、今年も屋根下地の模型を元に商品別・元請様別の技術共有を行いました。

コロナの影響でお施主様・現場監督様・メーカー様と距離をおいて打合せを行って参りましたが、皆様のご理解と温かいご支援で今年も無事に終えられます。

2021年に向けて多くの皆様に喜ばれる仕事を行って参ります。

ありがとうございました。

本間板金工業株式会社 スタッフ一同
s-S__27844638

s-S__27844674

s-S__27844660

 

 

s-S__27844656

 

 

 

 

 

s-S__27844629

 

 

 

 

 

 

 

ハンドクリーンボトルを現場に持っていくことがあたりまえになりました・・・来年もマスク&アルコールを徹底いたします!

ハンドクリーンボトルを現場に持っていくことがあたりまえになりました・・・来年もマスク&アルコールを徹底いたします!

 

台風被害はいつまで続くのでしょうか

2019年の台風被害はどこまで続くのか

1年以上経ち、やっと工事が出来る状況をお施主様の立場で考えると気の毒でなりません。

南房総の大きな市場ですが、完全に屋根が飛んでしまい、海に近いことも影響し錆も出ています。未だに修理が出来ていない建物がありますが、出来る限り台風被害の建物を優先して伺っています。頑張ります。

台風で屋根が剥がれ、梁の表面が錆びてしまった状態

s-GDUA3279
s-AMPD3657s-AMCN9194

s-S__27156488  s-IMG_4028

s-S__27156486B

s-S__27156484

本社看板が完成しました。ご相談窓口までお気軽にお越しください。

新事務所完成後、会社のロゴと看板が完成しまして

やっとお披露目できることになりました。

ご相談だけでも結構なのでお気軽にお立ちよりください。

s-IMG_4114

 

s-IMG_4228

 

 

 

 

s-IMG_4252

 

 

 

 

 

s-IMG_4254

 

s-IMG_4261 s-IMG_4215

スレート屋根劣化の現状動画をアップロードしました

屋根の葺き替えは日常的に行っていますが、今回はアスベスト含有禁止以降の屋根材が築15年経つとどうなっていくのかお伝えします。

屋根の向き、色、地域の気象特性などS__26304561屋根の耐久性は自然環境によって全く変わってきます。もちろんオーナー様がしっかりメンテしているかしていないかで劣化状況も圧倒的に違ってきます。

今回の屋根材は写真を見ていただくと一目瞭然、アスベスト含有が禁止された材料は、どうしても劣化が早く、早急な改修が必要となります。

 

※動画はこちらから → https://youtu.be/NLGpdKB0n-0

 

本体の周囲が劣化で剥離を起こし、指で触っただけでもボロボロと砕けてしまいます。

本体の周囲が劣化で剥離を起こし、指で触っただけでもボロボロと砕けてしまいます。

屋根の状態は日常的に見ることができません。特に都内の3階建では周囲から見れることも出来ず、気づいたらスレートの脱落が始まってしまい、屋根裏に雨染みが出来てしまったということがよくあります。

スレート屋根(コロニアル屋根)の皆様は築7年位で点検だけでも行うことをお勧めします。仮に築7年ほどで部分的な破損があったとしても、非常に安価な補修工事で完了します。葺き替えを進めてくる業者もあるようですが、私達専門業者から見てみると葺き替え工事を行う必要が無いケースが散見しています。